日刊アイドル

ドリームアイドルオーディション【無料芸能オーディション】モデル・女優・声優・アイドルオーディション

渡辺まあり(仮面女子:アリス十番)が卒業を発表。その覚悟と想い

先ずは、渡辺まあり本人のブログをご覧いただきたい ⇒ コチラ

2/22(日)、秋葉原の仮面女子常設劇場での公演後、渡辺まあり本人がマイクを持ち、卒業を発表した


突然の報告に、多くのファンで賑わっていた会場は水を打ったように静まり返り、
アリス十番メンバーのすすり泣く声だけが聞こえてくる。


時は遡る。卒業報告を前に不安でいっぱいの渡辺まあり本人に、その想いを聞いた

【渡辺まあり】
 芸能の中での自分の目標が何か分からなくなったんです。その時に、
 『アイシングクッキーの仕事をしたい』と考え始めました。
 アイシングクッキーの教室を開きたいんです。
 色んな教室にも行ったりしてるんですけど、教室の先生って主婦の人とか年配の方が多いんですよね。
 若い子とかにも私が教えて、どんどん通ってくれる子が増えたら良いなって夢があります。
 ・・・それは芸能を通してじゃなくて、アイドルを辞めて、本気で資格を取って真剣にやろうって、
 一年ぐらい前から決意しました。

 もう一つ。
 『中途半端な気持ちで仮面女子で居たくない』のが大きな理由です。
 芸能界の中で強い目標を持ってる人だけでやって欲しいし、甘い気持ちでやってるメンバーは居ないんですけど、
 私はそういう気持ちでは続けていけないと思って1年前ぐらいからスタッフさんと相談してて
 発表するタイミングとなりました。
 申し訳ないと思うのは、『さいたまスーパーアリーナにみんなで立とう!』って約束してたけど
 それは私には出来なくて、、、
 立つ前に辞めよう、って決意しました。

【日刊アイドル】1年・・・考え、悩み続けた日々でしたね

【渡辺まあり】
 相当悩みました。絶対、後悔だけはしたく無いんです。
 オリコン1位を獲った時に自分の気持ちがブレ無かったらもう辞めようって覚悟してて・・・
 1位獲って、『これから芸能活動がんばろう』って気持ちが芽生えるかなと思ったんですけど、
 それよりも新しい目標に向かおうの気持ちが強くて、そこで、
 『私の気持ちは変わらないんだ』って納得することが出来ました。

 1位はホントに嬉しかったです!でも、今年の1月はその事で頭がいっぱいで、、、
 だからこそ、本気の人たちに夢を叶えて欲しいって思います。

【日刊アイドル】アイドルを始めた当時の目標は?

【渡辺まあり】
 とにかくライブがしたくてライブ活動が出来る事務所を探してアリスに入りました。
 最初は先行き不安な時期もあって、今じゃ考えられない、目の前にファンの方が3人しかいない時もあったし、
 劇場なんか無いしお給料なんか全く無いし、でも、それでも『大きいステージに立ちたい』って目標を持ってました。

 休んだのはインフルエンザぐらいで、アリス十番の初期メンバーはそういう気持ちでやって来て・・・
 でもある時、『ホントの目標って何なんだろう』って、考えるようになったんです。
 去年の5月、Zepp東京とか宮古島(MIRF)、ロッキンジャパンとか、たくさん大きいステージに立つようになってから
 『自分はどこを目指してるんだろう』って・・・。
 そんな時に、みんなと違う特技を探すためにクッキーを始めたんですけどそれがホントに楽しくて。
 そういう職業、、、教室を開いて教える先生になる道も有るということを知りました。
 この先の未来、自分のしたい事に時間を使いたいな、って思い始めてここ1年ずっと考えてました。

 卒業したらライブをする事は無いので、後悔しないか?と言えば、、、
 そりゃすると思いますけど、それ以上に
 『この道を選んで、アリス十番を選んで良かった』気持ちも大きいし、
 この先も、『この道で良かった』って思える生き方をしたいなと思いました。
 毎日公演、毎日全力というのはキツイ時もあって、でもインフルエンザ以外で休んだことないので、
 これから卒業までの間は休むつもりも無いです!
 そこはやっぱ、十番メンバーみんなそういう気持ちで頑張ってるので最後までやり抜こうと思ってます。


【日刊アイドル】仮面女子、特にアリス十番初期メンバーは辛い時期の経験が大きいですよね

【渡辺まあり】
 正直自分のことがすっごい嫌いだったんです(笑)
 悩みに悩んで自分を変えて、集中するために「マーガリン」をライブ前に聴くようになってからですね。

 全然無名のアイドルグループとして活動が始まって、私はダンスが上手い訳じゃなくて、
 ・・・初めての遠征で、大阪とか色んな地方でまるっきり私たちのことを知らない土地でライブをして、
 それで自分に全然ファンが付かなかった時期がありました・・・
 でも、そういう時でも私を信じて付いて来てくれるファンの方とかも居ました・・・。
 だから私は逃げないでどうにか自分を変えようと、もがいてました。

 そこからどんどん新しいファンの方が付くようになって、自分のことがどんどん好きになって行きました。
 自分に自信を持てるようにもなって、ファンの方にも「マーガリンの時はまありを観るんだよね」って、
 そう言われるようになって、そこからアリス十番のパフォーマンスとかも
 自分的に変わって来たなと思えるようになって、ファンの方も増えて・・・変われました・・・

 この、どうしたら良いか分からなかった時期が一番つらかったですね。
 常設劇場がオープンした当初も"毎日公演する"ことが未知過ぎて、
 大丈夫かな?って受け入れられなかったです(笑)
 毎日やってるから毎日ファンの方は来なくて、このまま続けられる精神力とか体力が備わって無くて。
 だからと言って休んだりせず毎日やって来たら毎日が楽しくなって(笑)体力も全然もつようになったし、
 結局つらくても、逃げないで毎日やってたら何だかんだ全部乗り越えられました


【日刊アイドル】アリス十番が大好きなんですね


【渡辺まあり】
 (笑顔で大きく頷く)
 十番メンバーが、ファンの方が少ない1部公演の早い時間とかも
 「テンション上げて行こう!」って空気にしてくれるし、休むと廻りに迷惑かかると互いに思ってるので
 つらくても頑張ろう!って、、、自分だけじゃなく廻りのことも考えることができました。
 だからアリス十番で地方に行った時も、初めて私たちを観た人たちが、
 "私たちに興味を持ってくれたその瞬間"みたいなのを感じると『やってて良かった・・・!』って思います。

 去年の遠征で出演させていただいた、服部緑地でのビジュアル祭(2014.10,11)は
 私たちのことなんか知らない、もしかしたら敵視してるんじゃないかぐらい会場女の子だらけだったんですけど、
 始まった瞬間から一緒にヘドバンしてくれたりコールしてくれたり、、、
 『一瞬で打ち解けられるぐらいのレベルにまで私たちも成ったんだな』って実感しました。
 ライブ後の握手会とかTwitterでもV系ファンの女の子が「仮面女子良かった」って評価してくれてたり、
 ホントだったら「アイドルなんて無理!」ていうのが当たり前なのに、それでも受け入れてくれて、
 『私たちのやってたことは間違いじゃ無かったんだな』って・・・
 その現状が嬉しかったんです。
 ちょっと前の仮面女子だったらダメだったかも知れないけど、
 色々積み重ねて成長した仮面女子を見せて、受け入れてもらったから
 『今まで頑張って来て良かったんだな』って・・・

 Zepp東京に立った時も、『こんなに私たちのことを好きな人が居るんだ・・・!』って思って、
 今までと景色が全然違って、2回とも感動しました・・・忘れられない景色です。

 ・・・もっと色んな場所で、色んな都市でライブがしたかったですね。
 だからと言って遊びに行きたいとかじゃなくて(笑)
 各都市と言えば、海外でもライブやりました。
 台湾はもう楽しすぎて(笑)ライブやって、自由時間も多くて、すっごい思い出に残ってます!
 そんなアリス十番メンバーには"夢は叶えて欲しい"と思います。
 ここまで頑張ってきたからこそ、それぞれの夢を絶対に叶えて欲しいなって・・・


【日刊アイドル】今、何を想い、伝えたいですか?

【渡辺まあり】
 『何もないところから私たちは始まったけど、
  ひたむきに頑張ってたら自分の力で未来は開けるんだよ』

 それを証明しているのが私たちだと思います。

 私はさいたまスーパーアリーナに立たないので大きいことは言えないけど・・・
 私たちが積み上げてきたから新しく入ってきたメンバーはSSAに立つわけで・・・
 『やってみたら意外と出来ることってイッパイあるんだ』
 ってことを実感して欲しい。

 でも私たちだけじゃそれは出来なくて、ファンの方が支えてくれたから・・・
 一人じゃなくて、みんなで協力し合えば夢は叶うんじゃないか、って
 これからも仮面女子を、アリス十番を応援しながら感じて欲しいと思います。

ファンになってくれた方、ずっと今も応援してくれる方、その人たちに、
 『この先の未来も大丈夫』
 『この先も私は私の夢を追いかけるので安心してください』

 って伝えて、卒業までの2か月、一緒に、本当に最高の時間にしたいと思ってます。

【日刊アイドル】最後に、、、
アイドルを目指したその当時の渡辺まありに、今の渡辺まありは胸を張れますか?

【渡辺まあり】
 はい、10年前から『アイドルになりたい』って思ってたので、
 10年前の自分に胸張って、今を自慢できます
 


他のアイドルグループでは出来なかった365日毎日のステージ。
それが生活の一部となったアリス十番、仮面女子、そして渡辺まあり。
そのメンバーを応援することが生活の一部となった多くのファン。

インタビュー中、幾度もファンへの感謝の言葉を述べ、その都度
『ちゃんと伝わるか心配』と言葉を詰まらせる彼女。
そして、『何でクッキーなの?そう思われるかもしれない』と・・・

私の言葉が彼女に届かないほどの不安な表情も見せていた今回のインタビュー。
卒業発表時のMCやブログでは伝えきれなかった想いをここで届けよう、と
少し時間をいただいて本記事を作成した。

ファンの熱や想いには到底かなわないが、書かせていただく。

人の夢を笑う、馬鹿にする資格は誰にも無い。
自分以外の、仲間の夢を笑う、そんな資格は誰にも無いし、私は許さない。

渡辺まありが居なければ、今のアリス十番は存在しない。
当時、たった3人しかファンが居ないステージを経験していなければ、
応援してくれているファンが居なければ、仮面女子は存在しないし、
ここまで強いアリス十番は居ない。
渡辺まありが居たからこその、アリス十番なんだ。

2/22(日)、仲間を想い、信じ、
勇気と覚悟をもって、自分に胸張って、渡辺まありは卒業を報告した。
メンバーもファンも、突然の報告にショックが大きいだろう。

ただ、渡辺まありの覚悟と想いを知って欲しい。感じて欲しい。

アリス十番を応援している、渡辺まありを応援しているという誇りを持って、
4/12(日)の卒業まで共に時を過ごし、彼女を送り出そう。

そして、渡辺まありの、アリス十番の、
アイドルとしてステージに立つ覚悟と意味を、感じて欲しい







∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
渡辺まあり 生年月日:1989年8月2日
 ♪渡辺まあり Twitter
 ♪渡辺まあり ブログ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
仮面女子3rdワンマンライブ決定!!!
2015年11月23日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★仮面女子メンバーの公式モバイルブログ ⇒ http://a-p.mobi
  Twitter:@AliceProject_mb
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
オリコン週間シングルランキング第1位!仮面女子の新シングル『元気種☆』は
ワンコイン!1枚4曲入りで500円!手に取りやすい金額と何よりも、
J-POPシーン久々の直球どストレート元気ソング☆
日本全国のCDショップにて絶賛発売中!!!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★仮面女子TVレギュラー番組『仮面女子のやっぱ全力だね~!』
 2015年1月7日(水)26:35~27:05 テレビ東京にて放送スタート!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★仮面女子オフィシャルサイト ⇒ http://www.alice-project.biz/kamenjoshi
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

ドリームアイドルオーディション【無料芸能オーディション】モデル・女優・声優・アイドルオーディション

記事検索

記事ランキング

copyright, Kleeblatt inc. Allright reserved.